#ワインと私のショートストーリー vol.3

「ワインがもっと気軽に楽しめるお酒であることを知って欲しい」

そんな想いで集まった「35歳」という共通点を持つ店主たちが、たった一人の「35歳」に焦点を当て、

暮らしの中に優しく寄り添うワインとの物語を紡いでいくコーナー。

仕事、恋愛、結婚、子育て…第二の人生のスタート地点とも言われる35歳。

酸いも甘いも知り尽くし、良い意味での「諦め」と未来への「可能性」の中で揺れ動く人生のターニングポイントで、

同世代のみんなはどのようなことを感じ、日々を営んでいるんだろう?

私たちと一緒に覗いてみませんか?

※物語は全てフィクションです。

 


 

situation03 「守りたいもの」〜ポッジョ レ ヴォルピ ・フラスカーティ スーペリオーレ〜

 

妻と結婚して8年。

ローンで念願の一軒家を購入し、2人の娘も授かった。

 

妻とは大学の同級生で、ゼミが同じだったことで意気投合。

恥ずかしくて妻には言ってないが、

生まれて初めて「一生をかけて守っていきたい」と思えた存在だった。

 

今日は、妻が産まれて35回目の誕生日。

本人はすっかりそのことを忘れているようだったが、

娘たちとサプライズでお祝いをしようと、前々から少しずつ準備を進めてきた。

 

「今日は俺が夕飯作るから、ゆっくり帰ってきて大丈夫だよ。」

 

「何、気持ち悪い。浮気でもした?笑」

 

そう言い返してきた妻の怪訝そうな表情を思い出すと、笑いが込み上げてくる。

この日のために午後休を取ったことも、妻には内緒だ。

 

テーブルに並ぶのは、娘たちと一緒に作った料理とケーキ。

見た目は……まぁ、気持ちがこもっているから良しとしよう。

 

娘を寝かしつけたあと、2人で飲む用のワインはキッチンに隠しておいた。

ポッジョ レ ヴォルピ ・フラスカーティ スーペリオーレという白ワイン。

妻は覚えていないかもしれないが、

プロポーズしたときに一緒にバーで飲んだ、思い出のワインだ。

 

ラベルのデザインをたよりに、ネットで探してこの日に合わせて購入した。

値段はお手頃なのに、味はたしかだとワイン好きの中でも人気なんだとか。

あまり高いワインだったら後から怒られるだろうし(笑)、即決だった。

 

「ただいまー!」

 

妻の声が家中に響き渡る。

妻は一体どんな顔をするだろうか。

 

「せーの…ママ〜!おめでとうー!!!」

 

何気ない幸せを、この日常をありがとう。

今までも、これからも、君を、そして娘たちをこの手で守っていくと誓います。

 

……普段は恥ずかしくて言えないけど、ワインで酔ったら、直接伝えられるかな。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▼ポッジョ レ ヴォルピ ・フラスカーティ スーペリオーレ▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。