#ワインと私のショートストーリー vol.4

「ワインがもっと気軽に楽しめるお酒であることを知って欲しい」

そんな想いで集まった「35歳」という共通点を持つ店主たちが、たった一人の「35歳」に焦点を当て、

暮らしの中に優しく寄り添うワインとの物語を紡いでいくコーナー。

仕事、恋愛、結婚、子育て…第二の人生のスタート地点とも言われる35歳。

酸いも甘いも知り尽くし、良い意味での「諦め」と未来への「可能性」の中で揺れ動く人生のターニングポイントで、

同世代のみんなはどのようなことを感じ、日々を営んでいるんだろう?

私たちと一緒に覗いてみませんか?

※物語は全てフィクションです。

 


 

situation04 「守りたいもの〜another story〜妻編」ポッジョ レ ヴォルピ ・フラスカーティ スーペリオーレ

 

私の夫は、お世辞抜きで「いい奴」だ。

 

周りの人からの信頼も厚いし、育児にも積極的。

 

「妻には本当に、頭が上がらないんですよね。」

 

これが夫の口癖で、私に対していつも腰が低い。

 

思ったことをズバッと言って周りに敵を作りやすい私にとって、

誰とでも分け隔てなく付き合える夫は、まさに正反対の生き物。

 

彼がいることでどんなときでも強くなれたし、

仕事で辛いことがあっても

彼が家で待ってくれていると思ったら頑張れた。

 

「頭が上がらないのは、私のほうね……」

 

ーーーー

 

そういえば今朝、ちょっと変だった。

「夕飯は俺が作る」って言ってたな……

まさか、やましいことでもした埋め合わせのつもり…?笑

 

「あ〜、すっかり遅くなっちゃった!」

 

いつもより薄暗くなった街を通り抜け、

夫や娘たちの笑顔を想像しながら家路を急いだ。

 

「ただいまー!」

 

「せーの…ママ〜!おめでとうー!!!」

 

おめでとう……?

目の前に舞うカラフルな紙切れと娘たちの笑顔を見て、

一瞬頭が真っ白になった。

 

「今日は、私の誕生日か!」

 

テーブルの上には夫と娘たちが作ってくれた料理やケーキ。

盛り付けが残念だったり、形がいびつだったりするけど

それがまた妙に可愛くて、嬉しさが倍増した。

 

35歳の誕生日。

そろそろ歳を重ねるのがしんどくなってきたが、

今日が永遠に続いて欲しいと思えるくらい、

生きてきた中で一番幸せな時間を過ごすことができた。

 

ーーーー

 

子供たちを寝かしつけた後、

夫が恥ずかしそうに笑いながら1本のワインを持ってきた。

 

「ねぇ、これってあのときの……?」

 

夫が私にプロポーズしてくれたときにたまたま飲んでいた

ポッジョ レ ヴォルピ ・フラスカーティ スーペリオーレという白ワインだ。

 

バーのマスターがプロポーズのお祝いに写真を撮ってくれたもんだから、

ラベルのデザインをよく覚えていた。

 

その夜は、久しぶりに2人で遅くまで飲んだ。

子供が産まれてこんなにも遅くまで飲んだのは初めてだ。

 

この歳になって恥ずかしいけど、

私はもう一度、夫に恋をしてしまっているのかもしれない。

 

あなたとなら、おじいちゃん、おばあちゃんになっても

ずっと笑って楽しく過ごせると思えるの。

 

……ワインで酔ったら、この気持ちを直接伝えられるかな。

お願い、まだ「寝よう」なんて言わないで。

今日はもう少し、あなたの笑顔を見ていたいの。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▼ポッジョ レ ヴォルピ ・フラスカーティ スーペリオーレ▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。